よからんは不思議わるからんは一定とをもへ - be prepared for the worst, and not to expect good times, but take the bad times for granted.



本文
ただ一えん(円)に おもい切れ・よからんは不思議 わるからんは 一定と をもへ
ひだるし と をもわば餓鬼道を をしへよ、さむし と いわば 八かん地獄を をしへよ、
をそろしし と・いわば たか に あへる きじ ねこ に あえる ねずみを 他人と をもう事なかれ
ただ いちえん に おもいきれ・よからん は ふしぎ わるからん は いちじょう と おもえ
ひだるし と おもわば がきどう を おしえよ、さむし と いわば はっかん じごく を おしえよ、
おそろしし と・いわば たか に あえる きじ ねこ に あえる ねずみ を たにん と おもう こと なかれ
聖人御難事
しょうにんごなんじ
(1190~1191頁)
弘安2年10月
(1279年)
通解(意訳)
(迫害を受けている熱原地方の農民門下達に対しての指導)
ただ一途に、信心を貫き通すのだと決意しなさい。
善い結果になる方が不思議であり、悪い結果になる方が当然と考え、しっかりと用心しなさい。
妙法(不思議な法)で大悪も大善へと変革できるのだから、信じ切って悠々と題目を唱え、信行学を実践し、実証を示していきなさい。
空腹だと思うようであれば、餓鬼道の苦しみを教えよ(=学びなさい)。寒いと言うのであれば、八寒地獄の苦しみをを教えよ。
恐ろしいと言うのであれば、鷹に遭った雉(きじ)、猫に遭った鼠(ねずみ)を他人事と思わず、自分の事のように考えなさい。 

英語で御書
Gosho in English
Tell them to be prepared for the worst, and not to expect good times, but take the bad times for granted.
If they complain of hunger, tell them about the sufferings of the world of hungry spirits. If they grumble that they are cold, tell them of the eight cold hells.
If they say they are frightened, explain to them that a pheasant sighted by a hawk, or a mouse stalked by a cat, is as desperate as they are.
" On Persecutions Befalling the Sage "
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 998
in October, 1279.
[ --- ] is liberal translation.
Interpretation (liberal translation) 
This guidance is for believers of farmers who are under persecution in the Region of ATSUHARA.
Myoho can transform a great evil into a great good.
You have to be believe it in earnest, practice the belief studies, and demonstrate it.

Gosho in Japanese
ただ 一えん に おもい 切れ・よからん は 不思議 わるからん は  一定 と をもへ
ひだるし と をもわば 餓鬼道 を をしへよ、さむし と いわば 八かん地獄 を をしへよ、
をそろしし と・いわば たか に あへる きじ ねこ に あえる ねずみ を 他人 と をもう 事 なかれ
TADA ICHIEN NI OMOIKIRE・YOKARAN WA FUSHIGI WARUKARAN WA ICIJŌ TO OMOE
HIDARUSHI TO OMOWABA GAKI-DŌ WO OSHIEYO, SAMUSHI TO IWABA HAK'KAN-JIGOKU WO OSHIEYO,
OSOROSHISHI TO・IWABA TAKA NI AERU KIJI NEKO NI AERU NEZUMI WO TANIN TO OMOU KOTO NAKARE
聖人御難事
SHŌNIN GONANJI
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

一切世間の治生産業は皆実相と相違背せず - No worldly affairs of life or work are ever contrary to the true reality