人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - If one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.



本文
人に物をほどこせば 我が身のたすけとなる、
譬へば 人のために火をともせば・我が まへ あきらかなるがごとし
ひと に もの を ほどこせば わがみ の たすけ と なる、
たとえば ひと の ため に ひ を ともせば・わが まえ あきらか なる が ごとし
食物三徳御書
しょくもつさんとくごしょ
(1598頁)
年月不明
通解(意訳)
人に物を施せば、かえって我が身を助けることに繋がる。
例えば、人のために灯をともしてあげれば、自分の前も明るくなるようなものである。

英語で御書
Gosho in English
If one gives food to others, one will improve one’s own lot, just as,
for example, if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.
" On the Three Virtues of Food "
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.2, p. 1060
Unclear Year.
[ --- ] is liberal translation.
Gosho in Japanese
人 に 物 を ほどこせば 我が 身 の たすけ と なる、
譬へば 人 の ため に 火 を ともせば・我が まへ あきらか なるが ごとし
HITO NI MONO WO HODOKOSEBA WAGA MI NO TASUKE TO NARU,
TATOEBA HITO NO TAME NI HI WO TOMOSEBA・WAGA MAE AKIRAKA NARU GA GOTOSHI
食物 三徳 御書
SHOKUMOTSU SANTOKU GOSHO
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

一切世間の治生産業は皆実相と相違背せず - No worldly affairs of life or work are ever contrary to the true reality