不信ならばぬれたる・ほくちに・火をうちかくるが・ごとくなるべし - If you lack faith, it will be like trying to set fire to wet tinder.



本文
ただ心こそ大切なれ、いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬれたる・ほくちに・火をうちかくるが・ごとくなるべし、
はげみをなして強盛に信力をいだし給うべし
ただこころこそたいせつなれ、いかににちれんいのりもうすともふしんならばぬれたる・ほくちに・ひをうちかくるが・ごとくなるべし、
はげみをなしてごうじょうにしんりこをいだしたもうべし
四条金吾殿御返事
しじょうきんごどのごへんじ
[法華経兵法事]
ほけきょうへいほうじ
[剣形書]
けんぎょうしょ
KENGYŌ SHO
(1192頁)
弘安2年10月
(1279年)
通解(意訳)
何事においても、根本は心こそ大切なのである。
いかに日蓮が、あなた(四条金吾=弟子)の事を祈ったとしても、あなた自身が信心に不信を起こしているなら、濡れている火口に火を着けるようなものである。
自身を励まして、強盛に信心を奮い起こしていきなさい。

英語で御書
Gosho in English
It is the heart that is important. No matter how earnestly Nichiren prays for you, if you lack faith, it will be like trying to set fire to wet tinder.
Spur yourself to muster the power of faith.
" The Strategy of the Lotus Sutra "
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, 
p. 1000 to 1001
in October, 1279.
[ --- ] is liberal translation.
Gosho in Japanese
ただ 心 こそ 大切 なれ、いかに 日蓮 いのり 申す とも 不信 ならば ぬれたる・ほくち に・火 を うちかくる が・ごとく なるべし、
はげみ を なして 強盛 に 信力 を いだし 給うべし
TADA KOKORO KOSO TAISETSU NARE, IKANI NICHIREN INORI MŌSU TOMO FUSHIN NARABA NURETARU・HOKUCHI NI・HI WO UCHIKAKURU GA・GOTOKU NARUBEHSI,
HAGEMI WO NASHITE GŌJŌ NI SHINRIKI WO IDASHI TAMOUBESHI
四条 金吾 殿 御返事
SHIJŌ KINGO DONO GOHENJI
[法華経 兵法 事]
HOKEKYO HEIHŌ JI
[剣形書]
KENGYŌ SHO
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.