名聞名利は今生のかざり - Worldly fame and profit are mere baubles of your present existence


本文
只須く 汝 仏にならんと思はば 慢の はたほこを たをし 忿りの 杖を すてて 偏に 一乗に 帰すべし、
名聞名利は 今生のかざり 我慢 偏執は 後生のほだしなり
ただ すべからく なんじ ほとけ に ならん と おもわば まん の はたほこ を たおし いかり の つえ を すてて ひとえ に いちじょう に き すべし、
みょうもん みょうり は こんじょう の かざり がまん へんしゅう は ごしょう の ほだし なり
持妙法華問答抄
じみょうほっけもんどしょう
(463頁)
弘長3年
(1263年)
通解(意訳)
あなたがただ仏になろうと思うならば、傲慢な心という旗鉾(はたほこ)を倒し、怒りという杖を捨てて、ただひとえに、仏に成る事ができる唯一の法(一乗)である法華経に帰依すべきである。
世間の評判や名誉(名聞名利)は今生だけの飾りであり、それらに自惚れ、固執(我慢偏執)していても、来世には何の役にも立たず、ただ成仏への足かせにしかならないのである。

英語で御書
Gosho in English
Now, if you wish to attain Buddhahood, you have only to lower the banner of your arrogance, cast aside the staff of your anger, and devote yourself exclusively to the one vehicle of the Lotus Sutra.
Worldly fame and profit are mere baubles of your present existence, and arrogance and prejudice are ties that will fetter you in the next one.
" Questions and Answers
about Embracing the Lotus Sutra "
 "The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 58 to 59
in 1263.
[ --- ] is liberal translation.
Gosho in Japanese
只 須く 汝 仏 に ならん と 思はば  慢 の はたほこ を たをし 忿り の 杖 を すてて 偏 に  一乗 に 帰 すべし、
名聞 名利 は 今生 の かざり 我慢 偏執 は 後生 の ほだし なり
TADA SUBEKARAKU NANJI HOTOKE NI NARAN TO OMOWABA MAN NO HATAHOKO WO TAOSHI IKARI NO TSUE WO SUTETE HITOE NI ICHIJŌ NI KI SUBESHI,
MYŌMON MYŌRI WA KONJYŌ NO KAZARI GAMAN HENSHŪ WA GOSHŌ NO HODASHI NARI
持 妙 法華 問答 抄
JI MYŌ HOK'KE MONDŌ SHŌ
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.