仏法は体のごとし世間はかげのごとし - Buddhism is like the body, and society like the shadow.



本文
仏法やうやく顛倒しければ 世間も又 濁乱せり、仏法は体のごとし 世間はかげのごとし 体曲れば影ななめ なり
ぶっぽう ようやく てんとう し ければ せけんも また じょくらんせり、
ぶっぽうは からだの ごとし せけんは かげの ごとし からだ まがれば かげ ななめなり
諸経と法華経の難易の事
しょきょうとほけきょうのなんいのこと
[難信難解法門]
なんしんなんげほうもん
(992頁)
弘安3年5月
(1280年)
通解(意訳)
仏法が年月が経つにつれて本末転倒し、曲がった解釈が広がってしまったので、世間もまた濁り乱れてしまった。
仏法は全宇宙の万理の法則の本体であり、世間の法はその影のようなものである。例えて言えば、体が曲がれば、影も斜めになる事と同じようなものである。
間違った法を用いて国を治めたなら、その国土は乱れて、民もまた乱れる。間違った法を信じれば、その者の性分も曲がり、乱れてしまうのである。

英語で御書
Gosho in English
Buddhism has gradually been turned upside down, the secular world also has been plunged into corruption and chaos.
Buddhism is like the body, and society like the shadow. When the body bends, so does the shadow.
" A Comparison of the Lotus and Other Sutras "
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 1039
in May, 1280. 
[ --- ] is liberal translation.
Interpretation (liberal translation) 
Buddhism is the body of a law in a metagalaxy. And a law in the world is the one like its shadow.
If a country was ruled using a wrong law, the country is disordered, and people are disordered, too. When believing a wrong law, the person's nature also bends and is disordered. 

Gosho in Japanese
仏法 やうやく 顛倒 し ければ 世間 も 又 濁乱 せり、
仏法 は 体 の ごとし 世間 は かげ の ごとし 体 曲れば 影 ななめ なり
BUP'PO YŌYAKU TENTŌ SHI KEREBA SEKEN MO MATA JOKURAN SERI,
BUP'PO WA KARADA NO GOTOSHI SEKEN WA KAGE NO GOTOSHI KARADA MAGAREBA KAGE NANAME NARI
諸経と法華経の難易の事
SHOKYO TO HOKEKYO NO NAN-I NO KOTO
[難信難解法門]
NAN SHIN NAN GE HŌMON
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.