一閻浮提第一の御本尊を信じさせ給へ - Believe in the Gohonzon, the supreme object of devotion in all of Jambudvīpa.



本文
一閻浮提第一の御本尊を信じさせ給へ、あひかまへて・あひかまへて・信心つよく候て三仏の守護をかうむらせ給うべし、
行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず、我もいたし人をも教化候へ、行学は信心よりをこるべく候、力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし
いちえんぶだい だいいち の ごほんぞん を しんじさせ たまえ、あいかまえて・あいかまえて・しんじん つよく そうらいて さんぶつ の しゅご を こうむらせ たもうべし、
ぎょうがく の にどう を はげみ そうろう べし、ぎょうがく たえなば ぶっぽう は ある べからず、われ も いたし ひと をも きょうけ そうらえ、ぎょうがく は しんじん より おこる べく そうろう、ちから あらば いちもん いっく なりとも かたらせ たもうべし
諸法実相抄
しょほうじっそうしょう
(1361頁)
文永10年5月
(1273年)
通解(意訳)
一閻浮提(全世界)で第一の御本尊を信じていきなさい。よくよく心を構えて信心を強め、釈迦仏、多宝仏、十方の諸仏の三仏の守護を受けていきなさい。
法華経(広宣流布)のために行動し、法華経のことを学んでいきなさい。行学が途絶えてしまえば、仏法はないのである。
自分も行い、人にも教えて導いていきなさい。行学は信心から起こるものである。
力があれば、行学で学んだことや体験などを、一文一句でも人に語っていきなさい。

英語で御書
Gosho in English
Believe in the Gohonzon, the supreme object of devotion in all of Jambudvīpa. Be sure to strengthen your faith, and receive the protection of Shakyamuni, Many Treasures, and the Buddhas of the ten directions.
Exert yourself in the two ways of practice and study. Without practice and study, there can be no Buddhism. You must not only persevere yourself; you must also teach others. Both practice and study arise from faith. Teach others to the best of your ability, even if it is only a single sentence or phrase. 
" The True Aspect of All Phenomena "
 "The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 386
in May, 1273.
[ --- ] is liberal translation.
Interpretation (liberal translation) 
Jambudvīpa: All of The World.

Gosho in Japanese
一閻浮提第一の御本尊を信じさせ給へ、あひかまへて・あひかまへて・信心つよく候て三仏の守護をかうむらせ給うべし、
行学 の 二道 を はげみ 候べし、行学 たへなば 仏法 は ある べからず、
我 も いたし 人 をも 教化 候へ、行学 は 信心 より をこるべく 候、力 あらば 一文 一句 なりとも かたらせ 給う べし
ICHIEN-BUDAI DAI-ICHI NO GOHONZON WO SHINJI SASETAMAE, AIKAMAETE・AIKAMAETE・SHINJIN TSUYOKU SOURAITE SANBUTSU NO SHUGO WO KOUMURASE TAMOUBESHI,
GYŌGAKU NO NIDŌ WO HAGEMI SŌRŌBESHI, GYŌGAKU TAENABA BUP'PŌ WA ARU BEKARAZU,
WARE MO ITASHI HITO WOMO KYŌKE SŌRAE, GYŌGAKU WA SHINJIN YORI OKORU BEKU SŌRŌ, CHIKARA ARABA ICHIMON IK'KU NARITOMO KATARASE TAMOU BESHI
諸法 実相 抄
SHOHŌ JIS'SŌ SHŌ

参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.