弥はげませ給うべし懈ることなかれ - Strive ever harder in faith, and never give in to negligence.



本文
弥 はげませ給うべし 懈ることなかれ、
皆 人の此の経を信じ始むる時は 信心有る様に見え候が・中程は 信心も よはく 僧をも恭敬せず 供養をも なさず・自慢して悪見をなす、これ恐るべし恐るべし、
始より終りまで 弥 信心をいたすべし・さなくして後悔やあらんずらん
いよいよ はげませ たもうべし おこたる こと なかれ、
みな ひとの この きょうを しんじはじむる ときは しんじん あるように みえ そうろうが・なかほどは しんじんも よわく そう をも きょうけいせず くようも なさず・じまんして あっけんを なす、これ おそるべし おそるべし、
はじまりより おわりまで いよいよ しんじんを いたすべし・さなくして こうかいや あらんずらん
新池御書
にいけごしょ
NIIKE GOSHO
(1440頁)
 弘安3年2月
(1280年)
通解(意訳)
さらに信心に励んでいき、怠ることがあってはならない。
皆、人がこの法華経を信じはじめる時は、信心がある様に見えるが、時が経って信心が深まる途中になると、信心も弱まり、僧侶(信心の先輩、同志)も敬うこともせず、御本尊へのご供養や、困った同志を助ける心も忘れ、慢心を起こして邪悪な考えを起こしてしまうものである。
これは大変に恐るべきことである。
始めから終りまで、いよいよ信心を深めて貫くべきである。そうでなければ後悔するであろう。

英語で御書
Gosho in English
Strive ever harder in faith, and never give in to negligence.
All the people appear to believe sincerely when they first embrace the Lotus Sutra, but as time passes, they tend to become less devout; they no longer revere or make offerings to the priest, giving themselves up to arrogance and forming distorted views. 
This is most frightening. Be diligent in developing your faith until the last moment of your life. Otherwise you will have regrets.
" Letter to Niike "
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 1027
in February, 1280.
[ --- ] is liberal translation.
Interpretation (liberal translation) 
Priest : The Senior or the Comrade of faith

Gosho in Japanese
弥 はげませ 給う べし 懈る こと なかれ、
皆 人 の 此の 経 を 信じ 始むる 時 は 信心 有る 様に 見え 候 が・中程 は 信心 も よはく 僧 をも 恭敬 せず 供養 をも なさず・自慢 して 悪見 を なす、これ 恐るべし 恐るべし、
始 より 終り まで 弥 信心 を いたすべし・さなくして 後悔 や あらんずらん
IYOIYO HAGEMASE TAMOU BESHI OKOTARU KOTO NAKARE,
MINA HITO NO KONO KYO WO SHINJI HAJIMURU TOKI WA SHINJIN ARU YOU NI MIE
SŌRŌ GA・NAKAHODO WA SHINJIN MO YOWAKU SŌ WOMO KYŌKEI SEZU KUYŌ MO NASAZU・JIMAN SHITE AK'KEN WO NASU, KORE OSORUBESHI OSORUBESHI,
HAJIMARI YORI OWARI MADE IYOIYO SHINJIN WO ITASUBESHI・SANAKUSHITE KOUKAI YA ARANZURAN
新池御書
NIIKE GOSHO
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.