ちかいし願やぶるべからず - This is my vow, and I will never forsake it



本文
大願を立てん日本国の位をゆづらむ、法華経をすてて観経等について後生をごせよ、父母の頚を刎ん念仏申さずば、なんどの種種の大難・出来すとも智者に我義やぶられずば用いじとなり、
其の外の大難・風の前の塵なるべし、
我 日本の柱とならむ 我 日本の眼目とならむ 我 日本の大船とならむ等 と ちかいし願やぶるべからず。
だいがん を たてん にほんこく の くらい を ゆずらん、ほけきょう を すてて かんきょうとう に ついて ごしょう を ごせよ、ふぼ の くび を はねん ねんぶつ もうさずば、なんど の しゅじゅ の だいなん・しゅったい す とも ちしゃ に わが ぎ やぶられずば もちいじ と なり、
そのほか の だいなん・かぜ の まえ の ちり なるべし、
われ にほん の はしら と ならん、われ にほん の がんもく と ならん われ にほん の たいせん と ならん とう と ちかいし ねがい やぶる べからず。
開目抄・下 
かいもくしょう・げ
[人本尊開顕書]
[人本尊開顕の書]
にんほんぞんかいけんのしょ
(232頁)
文永9年2月
(1272年)
通解(意訳)
いまこそ大願を立てよう。法華経をすてて観経等の信仰に入り、後生の極楽往生を願うならば、日本国の位を譲ろうとの誘惑があろうとも、また念仏を申さないならば、父母の首を斬りはねるとの脅迫があろうとも、またその他の種々な大難が出来しようとも、智者に日蓮の教義が破られない限り、絶対に他の教義にはしたがうことはない。
この智者にわが義をやぶられる以外の大難は、風の前の塵のごとき問題にならない事件である。
日本国の一切衆生を救うために、われは日本の柱となろう、われは日本の眼目となろう、われは日本の大船となろう等と誓い願った事は、絶対に破ることがないのである。

英語で御書
Gosho in English
Here I will make a great vow. Though I might be offered the rulership of Japan if I would only abandon the Lotus Sutra, accept the teachings of the Meditation Sutra, and look forward to rebirth in the Pure Land, though I might be told that my father and mother will have their heads cut off if I do not recite the Nembutsu—whatever obstacles I might encounter, so long as persons of wisdom do not prove my teachings to be false, I will never yield!
All other troubles are no more to me than dust before the wind. 
I will be the pillar of Japan. I will be the eyes of Japan. I will be the great ship of Japan. This is my vow, and I will never forsake it!
" The Opening of the Eyes " Part two.
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 280
in February, 1272.
[ --- ] is liberal translation.
Gosho in Japanese
大願 を 立てん 日本国 の 位 を ゆづらむ、
法華経 を すてて 観経 等 に ついて 後生 を ご せよ、
父母の頚を刎ん念仏申さずば、
なんど の 種種 の 大難・出来 す とも 智者 に 我 義 やぶられず ば 用いじ と なり、
其の 外の 大難・風 の 前 の 塵 なるべし、
我 日本 の 柱 と ならむ
我 日本 の 眼目 と ならむ
我 日本 の 大船 と ならむ 等 と
ちかいし 願 やぶる べからず。
DAIGAN WO TATEN NIHON-KOKU NO KURAI WO YUZURAM,
HOKEKYO WO SUTETE KANKYŌ TŌ NI TSUITE GOSHŌ WO GO SEYO,
FUBO NO KUBI WO HANEM NENBUTSU MOUSAZUBA,
NANDO NO SHUJU NO DAINAN・SHUT''TAI SU TOMO CHISHA NI WAGA GI YABURAREZU BA MOCHIIJI TO NARI,
SONO HOKA NO DAINAN・KAZE NO MAE NO CHIRI NARUBESHI,
WARE NIHON NO HASHIRA TO NARAM
WARE NIHON NO GANMOKU TO NARAM
WARE NIHON NO TAISEN TO NARAM TŌ TO
CHIKAISHI NEGAI YABURU BEKARAZU.
開目抄・下 
KAIMOKUSHŌ・GE
[人本尊 開顕書]
[人本尊 開顕の書]
NIN-HONZON KAIKEN-NO-SHO
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.