日蓮一度もしりぞく心なし - Not once have I thought of retreat.



本文
第六天の魔王・十軍のいくさを・をこして・法華経の行者と生死海の海中にして 同居穢土を・とられじ・うばはんと・あらそう、
日蓮 其の身にあひあたりて大兵を・をこして二十余年なり、日蓮 一度もしりぞく心なし
だいろくてん の まおう・じゅうぐん の いくさ を・おこして・ほけきょう の ぎょうじゃ と しょうじかいのかいちゅうにしてどうこえどを・とられじ・うばわんと・あらそう、
にちれんそのみにあいあたりてたいへいを・おこしてにじゅうよねんなり、にちれんいちどもしりぞくこころなし
辧殿尼御前御書
べんどのあまごぜんごしょ
[大兵興起御書]
たいへいこうきごしょ
(1224頁)
文永10年9月
(1273年)
通解(意訳)
第六天の魔王は、十種の魔の軍勢(「欲望」、「憂い、悲しみ」「飢えや喉の渇き」「疑いの心」など、10種類の心の迷い)を率いて戦を起こし、法華経の行者を相手に、生死の苦しみの海の中で、同居穢土(どう こ えど、凡夫と聖人が共に住んでいる国土=現実世界)を、「とられまい」「奪おう」と争っている。
日蓮は、その第六天の魔王と戦う身にあって、大きな戦を起こして、二十数年になる。しかしその間、日蓮は一度も退く心はない。

英語で御書
Gosho in English
The devil king of the sixth heaven has roused the ten kinds of troops and, in the midst of the sea of the sufferings of birth and death, is at war with the votary of the Lotus Sutra to stop him from taking possession of and to wrest away from him this impure land where both ordinary people and sages dwell.
It has been twenty or more years now since I found myself in that situation and began the great battle. Not once have I thought of retreat. 
" The Great Battle "
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 465
in September, 1273.
[ --- ] is liberal translation.
Interpretation (liberal translation) 
"Ten kinds of troops"
Ten kinds of lost mind, "desire", "sadness", "hunger", "thirst", "doubt" etc.

Gosho in Japanese
第六天 の 魔王・十軍 の いくさ を・をこして・
法華経 の 行者 と 生死海 の 海中 に して 同居穢土 を・とられじ・うばはん と・あらそう、
日蓮 其の 身に あひあたりて 大兵 を・をこして 二十余年 なり、
日蓮 一度 も しりぞく 心 なし
DAI-ROKUTEN NO MAOU・JU-GUN NO IKUSA WO・OKOSHITE・
HOKEKYO NO GYOJA TO SHOUJIKAI NO KAICHU NITE DOUKO EDO WO・TORAREJI・UBAWAN TO・ARASOU,
NICHIREN SONO MI NI AI ATARITE TAIHEI WO・OKOSHITE NIJU-YONEN NARI,
NICHIREN ICHIDOMO SHIRIZOKU KOKORO NASHI
辧 殿 尼 御前 御書
BEN DONO AMA GOZEN GOSHO
[大兵 興起 御書]
TAIHEI KŌKI GOSHO
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.