八風にをかされぬ人をば必ず天はまほらせ給うなり - The heavenly gods will surely protect one who is unbending before the eight winds.



本文
賢人は 八風と申して 八のかぜに をかされぬ を 賢人と申すなり、
利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽なり、
をを心は 利あるに・よろこばず・をとろうるに なげかず等の事なり、
此の 八風に をかされぬ人をば 必ず天はまほらせ給うなり
けんじんは はっぷう と もうして はち の かぜ に おかされぬ を けんじん と もうすなり、
り・すい・き・よ・そう・しき・く・らくなり、
おおこころ は り ある に・よろこばず・おとろうる に なげかず とう の こと なり、
この はっぷう に おかされぬ ひと をば かならず てん は まもらせ たもう なり
四条金吾殿御返事
しじょうきんごどのごへんじ
[八風抄]
はっぷうしょう
(1151頁)
建治3年
(1277年)
通解(意訳)
賢人とは八風といって、八種の風に犯されないのを賢人というのである。八風とは利(利益を得る)・衰(衰える/損をする)・毀(非難される)・誉(誉められる)・称(讃えられる)・譏(謗られる)・苦(苦しむ)・楽(楽しむ)である。
大まかな意味は、世間的な利益を得たり、楽しい事が起きても喜ばず、逆に損をしたり、苦しい事が起きた事を嘆かない、ということである。この八風に犯されない人を、諸天善神は守られるのである。
多少の事で一喜一憂せず、何があっても動じない事が大切である。 

英語で御書
Gosho in English
Worthy persons deserve to be called so because they are not carried away by the eight winds: prosperity, decline, disgrace, honor, praise, censure, suffering, and pleasure.
They are neither elated by prosperity nor grieved by decline.
The heavenly gods will surely protect one who is unbending before the eight winds. 
" The Eight Winds "
"The Writings of Nichiren Daishonin", Vol.1, p. 794
in 1277.
[ --- ] is liberal translation.
Interpretation (liberal translation) 
It is the most important thing that you will should not waver to yourself in any occurs, between glad or sad.

Gosho in Japanese
賢人は 八風と申して 八のかぜに をかされぬ を 賢人と申すなり、
利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽なり、
をを心は 利あるに・よろこばず・をとろうるに なげかず等の事なり、
此の 八風に をかされぬ人をば 必ず天はまほらせ給うなり
KENJIN WA HAP'PŪ TO MŌSHITE HACHI NO KAZE NI OASARENU WO KENJI TO MŌSU NARI,
RI・SUI・KI・YO・SŌ・SHIKI・KU・RAKU NARI,
OO KOKORO WA RI ARU NI・YOROKOBAZU・OTOROURU NI NAGEKAZU TOU NO KOTO NARI,
KONO HAP'PŪ NI OKASARENU HITO WOBA KANARAZU TEN WA MAMORASE TAMOU NARI
四条 金吾 殿 御返事
SHIJŌ KINGO DONO GOHENJI
[八風 抄]
HAP'PŪ SHŌ
参考文献: 「日蓮大聖人御書全集」
「御書をひもとく」
「英語で学ぶ御書」
第三文明社
Bibliography : "The Writings of Nichiren Daishonin"
"The Record of The Orally Transmitted Teachings"

コメント

このブログの人気の投稿

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし - if one lights a fire for others, one will brighten one’s own way.

湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり - praying as earnestly as though to produce fire from damp wood, or to obtain water from parched ground.

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし - Employ the strategy of the Lotus Sutra before any other.